雨の日のヘアケア

雨の日のヘアケアについて

雨の日のヘアケアに必要な対策

髪を育てる為には毎日のヘアケアが大切ですが、その中には雨の日の湿気対策も含まれています。天気が悪いと髪が広がって、せっかくのヘアスタイルが崩れてしまう事がありますが、それは髪のダメージが進み、水分が不足している事が原因です。水分不足の髪はそれを補おうとするので、雨が降ると湿気を吸い、結果、髪が崩れてしまうという訳なのです。水分を補ってしっとりした髪を保つには、毎日しっかりシャンプーし、ドライヤーを当てる際にも流さないトリートメントで髪を保護、寝ている間の脱水を防ぐ事が大切です。お出掛け前にも、保湿効果の高いオイルやクリームを使うと良くまとまります。さらっとタイプのオイルを霧吹きスプレーにして持ち歩くと、外でもさっと手直し出来るので助かります。天気が悪い日のヘアケアに、参考としてみて下さい。

雨の日のヘアケアをしないと

ヘアケアでも雨の日にはとても困る物です。濡れた時にそのまま乾燥したりすると髪の毛のダメージが広がります。だからといって濡れるのが解っているのにワックスやムースでコーティングするのも溶け出して頭皮を傷める原因にもなります。何もしないよりは実行したほうが良いですが、濡れた後のセットのし直しにも時間がかかり厄介な物になります。雨はただの水では無く、科学物質が混ざっていたり油分が混じっていたりする事もありますので、これが原因で薄毛や抜け毛、などになると悲惨な運命が待っているかもしないです。ヘアケアはしっかりと行う事が大切です。

↑PAGE TOP